人気ブログランキング |

自家焙煎のCafe[abecoffee]です。珈琲教室も力を入れてます。看板猫のムサシ君も待ってるよ。


by abecoffee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イームズ・サイドシェルチェア


イームズ夫妻の家具は、当時、もっとも先進的だった合板、プラスチック、ワイヤメッシュ、アルミニウムなどを素材にしたものが多く、軽やかで、イームズ・カラーと呼ばれる鮮やかな色彩に彩られています。
 そして、合板やプラスチックといった近代的な工業製品から作られているにも関わらず、どこか温かく和やかな雰囲気をかもし出しています。
 そして古びることのない、いわば使い込むほどに魅力の出る、永遠性を持っています。似たような製品が山ほど存在する中で、今も彼らの家具が愛されるのは、他とは違う特別な魅力があるのです。


◆チャールズ&レイ・イームズ略歴
(イームズ・デザイン展公式サイトから)
チャールズ・イームズは1907年ミズーリ州のセント・ルイスにて生まれた。彼はその地で教育を受け、工学と建築に対する興味を持ち、ワシントン大学に2年在学するが、フランク・ロイド・ライトを擁護したために退学になり、建築事務所で働くようになる。

1929年、最初の妻キャスリン・ヴォーマンと結婚し(1941年に離婚)、一年後に生涯でただ一人の子供となる娘ルシアをもうける。

1930 年、自らの建築事務所を設立するが、不況の為、存続せず、そういった生活に区切りをつけるべくチャールズ・イームズは一時期をメキシコで過ごした。そして再びセント・ルイスに戻り、建築に彼のデザイン的な発想を取り入れはじめると共に、ミシガン州のクランブルック・アカデミー・オブ・アートの特別研究員としてのポジションを得、徐々にそのデザイン部門のトップになりつつあった。

レイ・カイザーは、ミッド・センチュリーの後半期にあたる頃カリフォルニア州のサクラメント市に生まれた。ニューヨークにてハンス・ホフマンのもとで絵画を師事した後、クランブルック・アカデミーにてチャールズ・イームズとエーロ・サーリネンに出合う。彼らがニューヨーク近代美術館で「オーガニック・ファニチャー・コンペティション」の為にデザインを準備するのを手助けした。彼らの成型合板による複合的な曲線をもつデザインは二分野で入賞した。
by abecoffee | 2009-01-29 12:16 | アンティーク・雑貨